Last Updated on Wednesday, 23 November, 2016 10:46:57 PM

タワウ Tawau


魚市場
ほら、うちの魚を撮ってよ!と、お願いするまでもなく皆さんいいポーズを取って下さるので撮影する側としてはとっても楽だったりします(笑)。ついでにいえば、相手が旅行者とわかっているので「安くしとくから買ってくれ」という販売モードに展開することも全くなく、ますます気楽です(大笑)。

水中写真とビデオ シパダン

ダイバー憧れの地というとパラオ、モルディブあたりですが、ここシパダンを忘れてはいけません。大物派はシパダン、小物派はマブール。ボルネオ島の東海岸、インドネシアとの国境近くからさらに沖へ行くとシパダン島はぽっかり浮かんでいます。

More...


タワウ日本人墓地

タワウ日本人墓地. 所在地 タワウ市 Jalan Tanjong Batu 道路沿い敷地面積約8000平方メートル. タワウ(タワオ)日本人墓地は、1918(大正7)年12月14日に墓地が使用許可された

More...


タワウははっきり言って田舎です
海 の近くにシーフード屋台があります。海岸線にそって、4つ程大きな屋台が軒を連ねています。屋台といっても、ここはちゃんと店を構えているところです。
 一番新鮮そうなお店ということで、一番左にあるお店を選びました。カパライへの往路で寄ったコタキナバルのシーフード屋台と同じようなところで、水槽の魚を選んで、調理方法も選べるところでした。
More...
 

アジア・アフリカの旅
今 は平日の昼間なので利用客もあまりいなくゆったりとした気分になれる。また、海から吹いてくる穏やかな風が心地よい。フードストールから下を見下ろすと、目の前にはちょっとした駐車場があり、その向こうにはPasarIkan(魚市場)
、そしてその先には海が見える。
More...

 


トクさんの男はつらいよ旅日記

昼寝をしていたので昨夜は寝つきが悪かったが、目が覚めると六時頃だった。眠いので寝ていると八時になっていて寝すぎか体か痛い。コーヒーが欲しくなったので水を飲んで散歩に出ようとすると模様したので、慌てて引き返してトイレに行き出直した...

More...


タワウの街

夜は、街の高級屋台へ・・・。
新鮮な魚・野菜などの食材が置いてあって
好みの味付けで調理してくれます。
めちゃくちゃ美味しい!!!!
 

More...


タワウ Tawau

唯一、ドライフィッシュマーケットが珍しいと言えなくもないのですが、英語が通じない店も多くあります。ここでは、魚の干物、野菜、日常雑貨が売られています。中には1m近い巨大な魚の干物もあったりして、見ているだけでも楽しめます。切り身にしてから干物にすれば良いと思いますが、あんな巨大な干物をどうやって調理するのでしょうか。

More...


A Town in Malaysia  タワウはボルネオ島東部の小さな町だ。マレーシア、サバ地方最南端の良港で、インドネシアとの国境にあたる。

ここから小型ボートまたは飛行機でインドネシアの国境の町タラカンに行くことができる。ボルネオのジャングルを抜ける直通道路はなく、一般旅客にとって陸路でのインドネシア入りは難しいとされている。

More...


Field Guide in Tawau for Aquarists

2003年の正月をマレーシアはサバ州のタワウで過ごすこととなった。タワウはサバ州とインドネシアの国境の町であり、また、近くには有名なダイビングスポットが点在するためそれらへの移動基地として有名である。位置的にはベタ・アルビマルギナータで有名なセブク水系に非常に近く、魚種的に非常に興味のあるところである。以前からベタ・ウニマクラータ(オセラータタイプ)の産地として知られており、今回のターゲットのひとつである。また、サバ州ではサトイモ科の水棲植物であるクリプトコリネの記録がなく、その調査も今回の目的である。今回は2日半しか時間がとれなかったので、本格的な調査というよりは、予備調査といった色合いが強い。

More...


シパダン島 シパダンへは、マレーシア航空でコタキナバルへ行き。国内線に乗り換えて45分ほどでタワウへと到着する。タワウから先は宿泊先が送迎してくれることになっていて、空港に各リゾートのカウンターが出ていた。そこで手続きをすると、 More...


ロッシュ・リーフは、タワウとセンポールナの間の沖にある島で、タワウからボートで1時間弱、マブールまで約40分、シパダンまで約45分のところに位置し、タワウのホテル経営者の所有する私有地リゾート。ゲスト用のコテージが10棟ある。ダイビングポイントはこの島の周りが中心。More...

としての地熱資源探査開発
地熱資源はアジアに豊富に賦存し,フィリピンで16%,インドネシアで4%の電力を供給するなど,アジアにおいて,将来の伸びが最も期待されるエネルギー資源の一つです.また,地熱エネルギーはCO2排出量の最も少ないクリーンエネルギーの一つであり,その普及促進はエネルギー需要の急増するアジアにおいて,地球環境問題の解決にも大きな意義があります.......
More...


 

 Edited on November 23, 2016 10:46:57 PM  by Michael

 | About eTawau |

blog counter